ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

冬の終わりと気温上昇で暖かいけど困るコト

f:id:FascistRed:20190221195932j:plain


氷点下続きだった札幌にも暖かい日が訪れた。

ここ最近はプラス気温で推移してる。

暖かい地域からの移住者にとっては有難い。

 

しかーし!

その反面、困ったコトも存在するのだ。

 

 

  

札幌の春先

 

5月の連休くらいまでは雪の心配がある北海道。

車のタイヤ交換をGW前後に設定する人も多い。

雪が完全に無くなるまでは、長いんだよね。

 

 

気温上昇と雪

 

札幌の冬と言えば積雪。

見渡す限り真っ白になった景色が広がる。

道路は歩道も含めてアスファルトが見えない。

そこまで積もった雪も気温上昇で消えていく。

 

でも、急に雪が消えて無くなるワケじゃない。

雪は、雪解け水となって大きな水溜りをつくる。

コレがかなり厄介なんだよ。

 

街を歩けば、横を走る車が道路に溜まった水を飛ばしながら走ってくる。

車を運転する側も水が飛び過ぎるから運転も慎重に走らなきゃならない。

駐車場に車を停めて、いざ車から降りたら、そこが丁度良い感じに水溜りでハマる。

 

迷惑でしかない。

 

 

雪降ろし中の事故が多発

 

生まれ育った大阪ではニュースで見かけなかったけど、北海道では気温上昇すると度々ニュースになる雪降ろし作業中の事故。

 

屋根からの落雪に巻き込まれたり、屋根の雪降ろし中に転落してしまう事故が多発する。

暖かくなると落雪が増える。

もちろん、札幌でも起こる事故。

 

戸建の家の屋根に積もった雪を降ろす作業。

高所作業で足元も滑るから危険。

雪が融ける時期こそ注意が必要。

 

普通に道を歩いてても建物からの落雪がある。

ぶつかってしまうと結構な衝撃だからね。

 

 

寒暖の差

 

暖かくなっても油断は出来ない。

昼間は暖かくても朝晩が冷え込む日がある。

それに室内と屋外での気温差ね。

頭痛くなるわ。

 

 

服装に困るよね

 

寒いと思って厚着してると昼間の気温や室内の温度によっては汗ばむ事がある。

 

汗をかいたまま外へ出ると汗が冷えて寒くなる。

最悪の場合、風邪をひく。

北海道で暮らしてても服装で失敗するくらい。

室内では上着を脱いで、軽装になるのがオススメ。

 

普段は、軽装な上にダウンコート。

重たい上着は疲れる年頃なもんでね。

( ̄◇ ̄;)

 

着込み過ぎてると上着を脱いでも汗かくから。

室内は、本州の建物よりもかなり暖かい。

寒そうだからって着込み過ぎて風邪をひいてしまったら折角の旅行も台無しに。

 

www.fascist.red

 

 

暖かい後の冷え込み

 

冬の終盤になってくると中途半端に暖かくなる。

朝晩は冷え込み、昼間が暖かいパターン。

 

この時に大変なのが路面状況の変化。

朝の冷え込みで、道路は凍ってるんだけど、時間とともに気温が上がり、融けてしまう。

 

昼間はジャブジャブと水溜りが出現。

そして、夜へ向かって気温が急降下し、水溜りだった所がスケートリンクみたいになる。

 

歩くのも車を運転するのも大変。

だから、この時期は嫌いだ。

 

 

まとめ

 

暖かくなったからって喜ぶには早い。

雪が完全に消え、落ち着くのはGW前後。

雪まつりが終わった頃からGWまでは安心出来ないし好きじゃ無い。

この時期に札幌へ旅行するとガッカリしちゃうかも。

 

やっぱり、雪が一面に広がる時期か緑が生い茂る時期が綺麗だよね。

中途半端な時期は、雪の残りも泥が混じって汚くなってる。

思い出に風景を入れた写真を撮るにしても汚いと・・・。

 

というワケで、 夏よ来い!