ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

ローズウッド派からメイプル派へ

f:id:FascistRed:20190205184232j:plain

 

Killer GuitarsのFascistはメイプル指板。

 

www.fascist.red

 

これまでずっと、ローズウッド指板のモデルばかりを使ってきたから、初めてのメイプル指板。

 

指板の材は、こだわる人はこだわるよね。

個人的には、そこまで強いこだわりは無いんだけど。

 

 

 

ローズウッド指板とメイプル指板

 

なぜ、今までローズウッド指板ばかりを使っていたのかと言えば、気に入ったギターが、ローズウッド指板ばかりだったと言うしかない。

 

ローズウッド指板のギターが多いねんもん。

ローズウッド率が高くなるやん。

 

敢えてメイプル指板を避けていたワケでは無いけど、ずっと弾いてると慣れた物を選んでしまうようになったのかもしれない。

 

いや、ただローズウッド仕様が多いだけ。

 

そして今回、このFascistを使うようになってから、メイプル指板が好きになった。

 

 

触った印象

 

ローズウッドとメイプル指板では、触り心地も全然違うから弾きやすさには影響があると思う。

慣れないうちは、少し違和感を感じてた。

 

でも、慣れてくるとグリップ感の方が強く影響して、握りやすい形状のネックなのかどうかが弾きやすさを決めるように思う。

 

ザラザラしたローズウッドにツルツルしたメイプルといった印象。

 

撫で撫でしたくなるのはメイプル。

 

厳ついのはローズウッド。

 

 

音質の違い

 

ローズウッドは柔らかめな音質という事で、アッシュボディのトレブリーな感じには相性が良いかなと思って、SD-DXではローズウッドを選択したくらいなんだけど、実はFascistもアッシュボディ。

 

www.fascist.red

 

トレブリーなアッシュ系にアタック感が強いメイプルって個性がぶつかり合うイメージだったんだけど、実際にはそんな事は無かった。

 

エフェクターやアンプの設定次第では、トレブルが強い金属的な音にもなって、メタル系では使いやすいのは間違いないと思うけどね。

 

でも、それもピックアップやアンプやエフェクターという幾つもの要素が絡み合ってのもの。

案外、オールマイティに使えるように思う。

 

 

見た目の違い

 

ローズウッドは黒っぽいのに対して、メイプルは明るい木って感じ。

朽ちた木と元気な木みたいw

 

見た目もローズウッドに慣れている所為か、かなり煌びやかで新鮮なのさ。

メイプル指板ってローズウッドと違って塗装されてるってのも見た目に影響してるよね。

まぁ、これは好き嫌いがあるだろうけど。

 

 

Fascistの仕様で決めたメイプル指板

 

Fascistの場合、ノーマルなモデルだと22フレット仕様でメイプル指板しか選べないんだよね。

その下のモデルになると、VICEってやつが24フレット仕様でローズウッド指板。

 

Fascistを購入する時は、22フレット仕様のギターを探してたから、選択の余地がなかったんで、初メイプルやなぁってだけの感想だった。

 

そこまで、メイプル指板かローズウッド指板かと言うコダワリみたいなモノは無かったけど、慣れてるローズウッドの方が良いかなとは思ってたけどね。

 

 

マッチングヘッドじゃない

 

昔からボディと同色になるマッチングヘッドのモデルを多く使ってたから、最初にFascistを見た時は、自分の中では違和感があった。

なんでヘッドに色無いねん!ってw

 

全く音に影響しない部分でも気になるところってあるやん?

 

そんな感じ。

 

 

使用した感想

 

普段もローズウッド指板のレスポールを弾くこともあって、どっちが良いと言うのは難しいんだけど、レスポールではローズウッドが良いし、それ以外ならメイプルかな。

 

弾き心地だけでなく、見た目も綺麗なんよね。

長く使ってると劣化するみたいやけど、それも含めて良い感じに思うし。

 

実際は好みの部分が大きく影響するから、実物を見て決めるのが一番安心だと思うけどね。

自分の気に入ったモノが1番やから。

 

はい、おしまい。