ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

Killer Guitar KG-FASCIST レビューの巻

f:id:FascistRed:20190127170333j:plain

現在、メインで使用しているギターのKG-FASCIST。

Killer Guitarと言うメーカーの1本。

Killer Guitarと言えば、タッカンことラウドネスの高崎晃氏のKG-PRIMEシリーズ。

検索してもタッカンモデルは、使ってる人のブログとかレビューが沢山ヒットするのにFASCISTはショップばかりがヒットする今日この頃。

聖飢魔Ⅱのルーク篁氏が使ってたのに・・・。

 

 

最近、ギターの価格が高騰してるみたいで定価で40万近くするギター。

学生さんだと簡単に手の届く価格じゃ無いやん・・。

まぁ、おじさんも躊躇したけど、頑張って新品購入。

実際に所有してみて良いギターであることは間違いないのに、情報が薄っぺらいこんな世の中じゃポイズンなので、レビューしちゃいます。

 

 

 

KG-FASCIST 購入

 

これが何本目のギターになるのか忘れたけど、Killerのギターは初めての筈。

自分に拘る部分が出てきて、ボディ材だとか指板だとかで絞り込んだ末のチョイス。

弾き易さってのは、好みがあるから難しいよね。

だけど、ネックは少しレスポールに近い握り込みの感覚で自分には合ってる。

 

 

探していたスペックに合致したギター

 

SNSでmy new gearしたいから購入。

 

新しいギターが欲しくなって、色々考えたわけ。

 

  • アッシュボディ
  • メイプル指板
  • 22フレット
  • オーソドックスな形状
  • ダンカンピックアップ搭載
  • フロイドローズ搭載
  • ルックス

 

個人的に希望したのは、このくらい。

で、1番近いスペックだったのが、KG-FASCIST。

ピックアップだけが希望と違ったけど、最悪積み替えれば良いし。

んで、公式ホームページみたら、他のギターと比べても

 

情報少なっ!!

 

売る気をあまり感じさせないのは作戦なのか何なのか・・・?

タッカンのシリーズとの差を見せつけられた感じ。

 

そこで、頼りの検索エンジンで大検索!

でもヒットするのは、ショップばかりで公式ホームページ並みの情報量。

(´ι_` ) ガッカリ

 

 

ま、まぁスペックは望んでたのに近いしええか。

 

 

アッシュボディとメイプル指板の組み合わせのレスポンス、22フレット仕様でのフロントピックアップのサウンドは譲れない。

Killerのギターヘッドの形状は凶器になりそうな見た目だけど悪く無い。

フロイドローズはオリジナルを搭載。

かなり希望に沿ったギターだったワケです。

 

 

それやったらKG-PRIMEの方がええやんけ!

 

ってなって、皆が流れていくのかもしれない。

そう、KG-PRIMEとほぼ同等の仕様やけど、ちょっと違うとこがあって、PRIMEの方はネックの形状とボディ形状とピックアップが違う。

こっちは、ダンカンのピックアップをデフォで積んでる。

 

でも、高いやん。

 

あのボディ形状が良いって話も確かに良く聞くけど、悩んだ末にFASCISTに決定。

目立たぬ感じのオーソドックスな形が合ってるねん。

 

どうしてもPRIMEが良かったら中古でも買ってたけど。

今回は、FASCISTの方が欲しかった。

 

 

 

KG-FASCISTのレビュー

 

f:id:FascistRed:20190127170502j:plain

さて、実際のFASCISTは、どうなのかって話。

まず、FASCISTには種類(グレード?)が幾つかあって、手頃な価格のFASCIST VICEってのが人気みたい。

ちょっと色んな部分で妥協要素が入ってくるけど、見た目はFASCISTな雰囲気。

でもオトナやし、やっぱり最上位モデルのスペックが欲しかった。

 

 

KG-FASCISTの主な特徴

 

まずは、簡単なスペック紹介。

 

  • アッシュボディ
  • メイプル指板(フレイム)
  • ディープインサートネック
  • 22フレット
  • 2ハム Killerオリジナルピックアップ
  • フロイドローズオリジナル
  • 1ボリューム・3wayセレクター・ダイレクトスイッチ

 

ボディにはアッシュ材、指板はメイプル指板でアタックとレスポンス重視。

ネックはフロントピックアップの奥まであるディープインサート仕様。

ネックは22フレットなので、24フレットよりもフロントは好みのサウンド。

 

ピックアップは、KillerオリジナルでフロントがLQ-500、リアがDyna-Bite。

このピックアップはタッカンが開発に関わってたとかで、思ってたより良い感じ。

フロイドローズはオリジナルを搭載で安定感抜群。

 

個人的には、スペックだけでもお腹いっぱいになる。

 

 

使ってみた感想

 

ネックは、厚みが少しあって非対称なシェイプなので握り込みし易い。

握った感じは、手持ちのレスポールに近い感覚。

これは、きっと好みが分かれると思うので、実際に触れてみて欲しいところ。

個人的にはレスポールを弾いていた時期が長いので、しっくりくる。

 

ピックアップはダンカンのカスタム5に交換するつもりだったけど、使ってみると意外と音の分離も良くて、そこまで強く歪まないのが気に入った。 

飽きるまでは、このピックアップで使うつもり。

 

因みにピックアップは、ボディに直付けされとる。

エスカッションはダミーみたいなもんで、その奥でボディに取り付けられてる。

鳴りと言う意味では、こっちの方が良い気もするけど、ピックアップの高さを調整しづらいから付け直しする人もいるみたい。

 

デフォルトの状態では、フロイドローズがベタ付けになっててアームアップは出来ない仕様やけど、支障が無いからそのままにしてる。

バックプレートを外してスプリング調整したついでに電装部も確認したけど、しっかり造られてて配線も綺麗だった。

 

総じて悪いところのない優等生で、超お気に入り。

敢えて言うなら価格が高いのが最大の欠点かな。

状態の良い中古で悩んでるなら買っても損はないと思う。

 

 

 

 

まとめ

 

強気な価格もあって、人気が高いとは思えないKG-FASCIST。

ネックの形状が問題なければ、ええギターになる筈。

ネットでは情報が薄くてSNSで探したら使ってる人はちらほら。

 

だけど、良いギターだと思うし、人には勧めたい1本。

それなら他の海外メーカー買うわ!って人もいるだろうなぁ。

 

(  ̄ゝ ̄) トオイメ...

 

ピックアップは好みもあるし、積み替えたくなったらダンカンにする。

今のところ、そんな予定もなくデフォルトのノーマル仕様で十分。

さて、ギター弾いてストレス発散!

 

おしまい。