ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

北海道の冬道で車を運転するのは注意が必要やで

f:id:FascistRed:20190127172322j:plain

久しぶりに仕事で車移動。

寒空の下、歩いて移動せんでもええ。

 

ワーイ \(^o^)/

 

今の職場では社用車を使用する場合、事前に予約を入れなければならないシステム。

冬場は皆が使いたがるから、なかなか予約も取れない状況なのさ。

 

 だからってのもあって気分はウキウキ。

今回、ちょっと遠出だから終日予約したった。

 

それは地獄の始まりだとも知らずに。

 

  

北海道の冬道運転で注意すべきポイント

 

今の時期は本格的な積雪のシーズン。

道路はアスファルトが見えないくらいの雪。

雪道を運転した事が無い人には厳しいかもしれんけど、北海道で暮らしてると運転する機会も多い。

 

雪道を運転するのは、普段よりも慎重になる。

スタッドレスタイヤを装着してるからと油断をしてたら滑って衝突事故を起こしかねない。

常に緊張状態で運転してるから疲れも半端ない。

だけど、気を抜かず注意しないと危険やからね。

 

POINT
  • 走行速度に気をつける
  • 車間距離をあける
  • ライトを点灯
  • 道の選別
  • 急発進や急停止を避ける
  • 走行車線に注意
  • 踏切の通過
  • 轍にハンドルを取られる
  • 雪の塊の落下物
  • 早めの給油
  • 防寒の備え

 

 当たり前の事ばかりやけど、マジでヤバイから。

 

 

走行速度に気をつける

 

スピードね。速度は控え目なくらいが良い。

1番危険なのは、この走行速度やと思ってるくらい。

速度が原因で事故になるケースは少なくない。

 

特に見た目も変わった感じがしない道路で、曲がろうとした時に滑ったり、止まろうとして滑ったりと危険がいっぱい。

全然楽しくないし、かなり焦る・・・。

 

Σ(-`Д´- ;)ビクッ

 

最近の車はABSってブレーキをロックさせない装置が作動するタイプが殆どやけど、それでも停止するまでの制動距離は長いし、結構滑る時がある。

 

少しでも制動距離を短くするのにスピードは控え目なのが良い。

 

 

車間距離をあける

 

冬道の走行は何が起きるかわからない。

前を走行してる車が急ブレーキを踏む時もある。

こっちが止まれなきゃ衝突事故。

 

最悪、路肩の雪に突っ込んで停める方法もあるけど、車が損傷する可能性がある。

 

未然に防ぐ為にも車間距離が大事

 

 

ライトを点灯

 

これは、吹雪で視界不良の時の衝突防止。

吹雪の時は、前方の車もかなり近くまで寄らないと見えないくらい。

ライトを点灯しとけば、見つけやすい。

 

猛吹雪になるような道北の道やと、このライトを頼りに進むことが結構ある。

もちろん、後続車にも認識して貰わんと追突されてまうからね。

 

薄暗かったり吹雪の時は、点灯しちゃった方が無難

 

 

道の選別

 

意外と盲点かも。

大きな国道なら除雪も早いんやけど、脇道に入ると除雪も排雪もされてないコトがある。

FF車なら簡単に埋まる。

酷い道だと四駆でも埋まる場合がある。

 

なるべく除雪が済んだ道を通りたいところ。

広い国道でもドカ雪になったら、除雪が追いつかない時もあるんで、それはどーにもならん。

 

でもなるべく道は選んだ方が良い

 

 

急発進や急停止を避ける

 

冬道で急発進や急停止は危険度が高い。

当然過ぎるけど。

 

雪が酷かろうが飛び出してくる人もいるし、信号機が見えづらいので急停止する車もいる。

前述の走行スピードと車間距離が絡んでくるんやけど、しっかり安全運転が大事。

 

急発進や急停止が無いような運転を心がける

 

 

走行車線に注意

 

コレ、厄介なやつ。

積雪の影響で道路は真っ白になる。

アスファルトが見えへんくらいに。

もちろん車線も確認できん。

 

んじゃ、どーやって走んねん!

ってトコやけど、ある程度は感覚。

 

そう、感覚を研ぎ澄ませ!

 

いや、マジでw

 

路肩は矢印表示が道路標識みたいに設置されてるから心配なら左に寄って矢印を目印に走るのが無難かな。

あとは周りの車をみながら、なんとなく。

 

間違ってもセンターラインを越えないよーに。

 

 

踏切の通過

 

雪の無い時期以上に慎重になる踏切の通過。

積雪時は、道路の幅も狭くなって渋滞が多い。

だから、踏切周辺でも容赦なく渋滞してるコトがあるんよね。

 

前の車が踏切を抜けきっても安心できん。

もう1台分の余裕が出来てから進むようにしないと。

だって、踏切内で立ち往生したくないやん。

 

一時停止は当然やけど状況確認もしっかりと。

 

 

轍にハンドルを取られる

 

国道でも狭い道でも轍がある時は注意。

轍に突っ込むと自分の思いとは関係なく車が動きよる。

超恐怖。

 

だって道路の幅が狭くなってるから隣の車線を走ってる車との距離が近いんやもん。

ちょっと横滑りしたら接触だってあり得る。

 

なるべくなら轍は回避。

通る場合は、ゆっくり慎重に。

 

 

雪の塊の落下物

 

冬道を走ってたら、車のあちこちに雪が付くんやけど、タイヤ周りとかは雪が塊になるんよ。

んで、その塊が落ちる事もあるワケ。

 

普通車程度なら大した事ないんやけど、トラックみたいなデカイのが落とした雪の塊はヤバイ。

知人は、その塊を車が踏んでバンパーが壊れた。

 

車間距離を詰め過ぎてたり、カーブに落ちてる時もあるからスピードにも気をつけた方が良い。

 

 

早めの給油

 

冬道を走るなら早めに給油した方が良い。

特に長距離運転とか、田舎に行く場合。

ガソリンスタンドが近くにあるかわからんから。

 

冬にガス欠なんかしたら凍える。

救助を呼んだとしても、すぐに来れないかも。

救助を待つ間、暖を取れないと辛い。

だって、外気温氷点下やし。

 

ガソリンがギリギリになる前に早めの給油を。

 

 

防寒の備え

 

ここまでする必要があるかは自己判断やけど、猛吹雪も考えられるような場所に行くんやったら備えてても損は無いと思う。

 

前述のガス欠とか車両トラブルがあった時に寒さにやられない為に。

簡単な毛布とかカイロがあるだけでも違う筈。

 

 

北海道の冬は車での移動も厳しいわ

 

んで、それだけの注意すべきポイントを把握した上で社用車に乗って出かけた。

さすがに防寒の備えは無いけどね。

 

 

スケジュールの誤算

 

訪問先へ日程の調整で連絡を入れて、その日に社用車を予約してた。

だいたい1週間前くらいに。

 

当日の朝、ニュースを観ると大雪。

交通機関も麻痺してて遅延やら運休やら言うてる。

既にヤバイ雰囲気。

 

どーにもならんよね。

事前に訪問先に連絡せなあかんけど、その日が晴れるかどうかはわからんし。

連絡した日の天気予報と当日だと誤差が酷い。

 

いきなりのピンチ。

 

 

札幌市内でも雪の多い場所はある

 

出勤時間になっても雪は降り続けてた。

大雪の中の運転は覚悟した。

 

出勤してから確認してみると高速道路が通行止め。

これは本格的にヤバくなってきた。

下の国道を走って行くしかない。

 

まずは、予定通りに近くの訪問先へ。

近くと言っても、車があるからと思って、公共交通機関なら不便な場所を選んでチョイスしてる。

近くまで来たら凄い吹雪。

 

なんとか仕事を終え駐車場へ向かうと車が雪で見えないくらいに埋まってた。

孤独に雪を落とし車に乗り込んで、高速道路の状況を確認してみたけど、やっぱり通行止め。

 

 

大雪の国道は大渋滞

 

仕方なく国道へ向かうと、晴れてきた。

あれ?行けそうじゃね?

 

ラッキ━━━゚+.ヽ(*≧▽≦*)ノ.+━━━ ッ!!!

 

が、しかし、

高速道路は通行止めのまま。

その影響で国道は大渋滞になってた。

 

どう考えても予定通りには動けない。

 

リスケするしかなかった・・・。

 

(;´д`)トホホ…

 

こんな時、北海道の人なら仕方ないよねって理解してくれる。

予定してた訪問先各所へ連絡を入れて訪問日を変更して貰ったよ。

 

申し訳ない。

 

 

まとめ

 

北海道の冬道を運転するのは、色んな事に注意が必要。

会社でも冬道経験の浅い人は、なるべく鉄道移動にしてる。

でも、公共の交通機関だと不便な場所が沢山あるんよ。

それに行くとなったら1箇所じゃないから面倒なんやわ。

 

そんな時は、車で出かけるのが便利なんやけど、運転は普段以上に気を遣う。

でもスピードと車間距離に気をつけてたら、かなり危険は減ると思う。

あとは、車の性能も影響あるけど。

何年も冬道は経験してるけど、やっぱり運転は疲れるし怖い。

 

そして、猛吹雪の日は、なるべく運転しないのが良いという結論。

運転は気をつけて。