ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

Fascistの弦高とオクターブ調整

f:id:FascistRed:20190127171449j:plain

趣味でギターを始める中年が増加傾向だとか。

マジか!

 

ある程度の年齢層になってくると、金銭的な余裕も出てくるから、最初から良い機材を揃える人もいるみたい。

羨ましいのぉ〜。

 

個人的には、そんな余裕は無いくらいに懐は寒い

 

(  ̄^ ̄) トオイメ…

 

 

 

若い頃に少しバンド活動してた。

ギターを弾いていたけど、仕事が忙しくなって所有してた機材を全て売り払ったのは悔やまれる。

よくあるギター再開組。

 

んで、再びギターを始めるにあたって、GibsonのレスポールとSchecterJapanのSD-DX、あとIbanezeのRGなんかを入手した。

そして、最近購入したのがkillerのFascist。

 

Fascistについてのレビューは以前書いたけど、ギターを購入したら弦を張り替えて調整しなきゃならん。

 

www.fascist.red

 

弦は懐に優しいエリクサーを使用。

 

思えば始めて買ったギターもロック式トレモロ。

周りにギターに詳しい人が居なかったから、調整方法も理解せずブリッヂが浮いたまま使ってた。

弦高が高過ぎて弾きにくい状態でw

 

もちろん購入時は調整済みなんだけど、全く同じ弦に交換したワケじゃないから再調整。

 

 

 

弦高の調整

 

まずは、弦高の調整。

Fascistのトレモロは、フロイドローズオリジナル。

ロック式トレモロにも種類があるんやけど、フロイドローズを名乗れるやつ。

他には、ライセンス契約して別で作られてる物が付いたギターもある。

 

弦高調整って言うと、何ミリ?って話になると思うんやけど、

テキトーっスww

 

ΣΣ(゚д゚lll)!

 

マジかよ!って怒らないでー。

 

昔は、きっちり測って合わせてたりしたんやけど、ギターの個体差もあって面倒くせーってなった。

それからは、測ってない。

弾きやすさと音のバランスが自分の好みの位置になれば、それでOKにしてる。

 

まず、大前提として、ネックの反りも確認しておく事。

1フレットと最終フレット押さえて12フレットの隙間を見ればわかる。

隙間がほんの少しだけあるのが正常やから。

 

そして、フロイドローズ部分が変に持ち上がった状態とか逆に後ろが下がったりしてない事。

 

Fascistはフロイドローズがベタ付けになってるからアームアップ出来ないのがデフォルトで、下がってる事は無いと思うけど。

 

最初にロックナットは緩めるか外す。

 

他のギターでトレモロが浮いてたら、フラットになるようにボディ裏のカバーを外してスプリング調整しておく。

 

スプリングは、ネジで固定されてるからネジを締めれば張力が強くなってブリッジが下がる。

逆に緩めればブリッジが浮く。

 

んで、フロイドローズの弦高調整は、フロイドローズをボディと接続してるボルトを回して調整する。

ボルトは、六角のタイプやマイナスのタイプがあるけど、Fascistは、マイナスのタイプ。

 

f:id:FascistRed:20190127171612j:plain


個人的には六角の方が回し易いし、マイナスだと滑らせたらボディに傷がつくから、六角が良いんだけど。

 

時計回りで締め込む事で、弦高が下がり、逆に反時計回りで緩めると弦高が高くなる仕組み。

 

後は好みの位置になるように調整するだけ。

オレは何ミリ単位で合わせたいんだぜベイベーって人は12フレットで高さを見てね。

 

 

オクターブ調整

 

引き続きオクターブ調整。

開放弦と12フレットのオクターブ音を合わせる。

チューナーを使って合わせるんやけど、めっちゃ根気のいる作業。

 

フロイドローズのサドルの位置を調整する作業。

さっきの画像の弦を固定してる部分の6個ある銀色のやつ。

そのネック側にある六角のネジで調整出来る。

オクターブの音が低ければ、サドルをネック側へ動かす。

オクターブの音が高ければ、サドルを後方へ動かす。

以上。

 

文字だけやったらめちゃ簡単そうでしょ?

それが罠なんだわ。

 

実際は、弦を緩めてサドルを調整しては弦を張っての繰り返し。

しかも弦は6本あるもんねー。

全部が狂ってたらそりゃもう嫌になる地道な作業でっせ。

 

サドルには、イモねじが入ってるから締めたり緩めたり、ねじ込む位置を変えたり。

初心者には地獄の作業になると思われる・・・。

 

 

まとめ

 

弦を違う種類の物に張り替える場合、調整が必要になる事が多い。

合わせずに弾いてると違和感ありまくりですわ。

ネックの反りとかで変わってくるから、最初に必ず確認。

1フレットと最終フレット押さえてね。

 

オクターブはきっちり合わせるのは難しいかもしれん。

でも全然合ってないよりは、少しでも合うようにしたいところ。

 

調整は、面倒な作業になるけどバッチリ合ったら嬉しいよ。

だから頑張ろ。