ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

OM-D E-M10 MarkⅢというマイクロフォーサーズ規格のカメラを使った感想

f:id:FascistRed:20190413120143j:plain

OLYMPUSのカメラね。

レンズ交換式の一眼レフの中でも小型のミラーレスは女性にも人気らしい。

確かにOLYMPUSのカメラってコンパクト。

35mmフルサイズセンサー搭載の一眼レフ機であれば、大きく重くなるレンズとカメラのセットもこのマイクロフォーサーズ規格なら小さくまとまる。

 

高齢化の進む現状では重たい荷物も減らせるマイクロフォーサーズやるやん!

って感じなんだけど、まぁセンサーサイズは小さいから避ける人も多いかな・・。

 

そんなOLYMPUSのマイクロフォーサーズ規格ミラーレス機のエントリーモデル、所謂初心者をターゲットにしたモデルであるE-M10 MarkⅢを購入して使ってるので、ちょっとばかりレビューしてみる事にした。

 

 

 

OM-D E-M10 MarkⅢの特徴

 

OLYMPUSのカメラの中では、エントリーモデルという位置付けにあるカメラ。

デジタル一眼レフは、主にAPS-Cサイズと35mmフルサイズのセンサーを搭載したモデルに分けられて前者は望遠に強く価格も抑えられている感じで、後者は本格的な大口径レンズも多く価格も高いというイメージ。

 

そんな中、OLYMPUSのカメラはマイクロフォーサーズ規格というAPS-Cサイズよりも更に小さいセンサーを搭載している。

その為、機材が小さくコンパクトに出来るというメリットがある。

但し、センサーが小さいので画質面では少し劣るところもある。

 

 

特徴1 小型軽量である

 

前述の通り小型センサーを搭載している分、システム自体を小型化出来る。

他社のミラーレス一眼カメラは、ボディを小型軽量化してもレンズは大きく重たい物が殆どだけど、OLYMPUSの場合はボディもレンズも小型軽量。

 

このカメラを購入するまで1番出番の多かったのがNikon D750。

D750はNIKONのラインナップでは35mmフルサイズセンサー搭載のエントリーモデル。

モノコック構造でボディがスリムになったというのが売りだったけど、標準ズームとセットで持ち歩くと大きくて重たかった。

 

こんなの首から下げてたら首痛めるわ!

ってくらいに持ち歩くのに疲弊して、もっと小型軽量なヤツを探したってワケ。

 

正直、このOM-D E-M10 MarkⅢは、驚くほど小型軽量。

OLYMPUS一押しのPROレンズを装着しても軽くてブンブン振り回せる。

それでいて見た目もしっかりカメラという雰囲気が強く出てるんだよね。

 

外食した時とか店舗内で室内撮影するのって大きな一眼レフだと照れ臭いけど、E-M10 MarkⅢだとコンデジ感覚で撮影出来るのが良いところ。

 

 

特徴2 ボディ内手ぶれ補正を搭載

 

最近では搭載機種も増えてきた感じがあるけど、ボディ内手ぶれ補正がありがたい。

 

キヤノンやニコンは、レンズ側での手ぶれ補正に力を注いでる感じがあるけど、手ぶれ補正を内蔵したレンズは価格も高くなっちゃうから・・・。

 

その分、ボディ内手ぶれ補正だとボディを買っちゃえば、手ぶれ補正非搭載のレンズだって関係なく手ぶれ補正してくれるワケだからお得だよね。

 

E-M10 MarkⅢを使うようになってからは、手ぶれが気にならなくなった。

殆ど手持ちでしか使わないし、夜も結構持ち出してるんだけど気にならん。

過酷な条件にすれば、もちろん手ブレは発生するんだけど、D750を使う時ほど気を使わないで済む。

 

5軸手ぶれ補正とかいう機能で、動画撮影時にも機能する。

夜景撮影、マクロ撮影、望遠撮影、片手持ち撮影などの手ブレし易いシーンで活躍する安心機能。

 

やっぱ有った方がありがたい機能だよね。

 

 

特徴3 電子ビューファインダー搭載

 

通常の一眼レフのファインダーは、鏡を見るような感じだけど、このミラーレスってカメラは電子ビューファインダーというファインダーを搭載してる。

 

電子ビューファインダーは、液晶モニターを見ているような感じ。

様々な情報が表示され、見えてる映像がそのまま撮影結果となるのが良いところ。

ファインダーで確認しながら、セッティングの微調整をすれば撮りやすい。

 

露出を変更すればファインダーで見えてる画像にも反映されるからわかりやすい。

シャッターを切った後に「何か違うなぁ」ってなる事は殆ど無くなった。

 

一眼レフのミラーも良いけど、これはこれで超便利だと思う。

 

 

特徴4 豊富なレンズ群

 

マイクロフォーサーズ規格に準拠していれば、OLYMPUSのレンズだけでなく、他のメーカーのレンズも使えるというのがマイクロフォーサーズ最大のメリット。

 

パナソニックのライカレンズだって使えちゃう。

パナソニックのミラーレスボディにOLYMPUSのズイコーレンズだって使えちゃう。

まぁ、カオスですw

 

標準域では、OLYMPUSの12-40mm PROがなかなか良いレンズ。

焦点域は狭いけど、クッキリとした描写で結構気に入ってる。

 

普段の持ち歩きだとパンケーキレンズの方が楽チンだけどね。

写りもそんなに悪くは無い。

 

 

E-M10 MarkⅢで撮ってみた

 

f:id:FascistRed:20190413115424j:plain

 

屋内の照明はあるけど、そこまで明るく無いところ。

レンズは、全て M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PROで撮影。

 

 

f:id:FascistRed:20190413120241j:plain

 

同じく室内で今度は海鮮丼。

新千歳空港で食べたんだけど、北海道は海鮮が美味しいよね〜。

おいでやす北海道!

 

 

f:id:FascistRed:20190413120346j:plain

 

室内だけど、明るめの場所でも1枚。

そこまで大きく無いレンズなんだけど、PROレンズ。

これ1本でも十分なくらいだわ。

 

 

f:id:FascistRed:20190413120712j:plain

 

屋外でもパチリ。

札幌へ戻ってテレビ塔を下側から撮ってきた。

流石に解像感はフルサイズと差が出るよね。

 

f:id:FascistRed:20190413120725j:plain

 

よくある桜の写真。

風景はフルサイズの方が綺麗に撮れるかな。

でもこれだけ撮れて、この機動力は凄いと思う。 

 

 

 

 

  

まとめ

 

重たいカメラを持ち歩くのは嫌だけど、スマホより綺麗に撮りたいって場合には最適解なのかもしれないこのマイクロフォーサーズ。

 

マイクロフォーサーズなら軽くて持ち運びも楽チンなので、ボディ外観もカッコイイPEN-Fあたりは女性に人気。

 

一方で、一眼らしいルックスのOM-D E-M10系は、初心者向けで扱いやすい。

男性が持ってても違和感無い無骨なデザインも良いと思う。

 

センサーサイズの影響で高感度撮影が得意じゃ無いから、夜景とか暗い場所での撮影が多いって人には向かないかも。

それなら高感度耐性の強い35mmフルサイズセンサー搭載機の方がオススメ。

 

個人的には、マイクロフォーサーズは思ってた以上に好みに近い画質。

気軽に持ち歩けるのがやっぱり良い感じ。