ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

脱社畜で会社を辞めたが失敗に終わった話

f:id:FascistRed:20190217210805j:plain

えーっと、最初に言っておくけど会社で鞭打たれた事はありません。

 

なんだか最近、「脱社畜」ってのが熱いとか。

会社員として働いてると不満はあるし、辞めたくなるのはわかる。

殆どの人が何かしら不満を抱えて働いてんじゃ無い?

 

でも、会社を辞めるんやったら、暮らしていけるだけの収入が必要やし。

フリーランスでやって行くとしても、ある程度の経験があった方が有利ちゃうかな。

 

 

実は、会社を辞めて働いてなかった期間が3年半くらいある。

仕事もせずに自由に過ごしてた時期があるんやけど、現在は会社員。

 

その3年半は、何をしてたかと言うと、不動産収入だけで家族4人暮らしてた。

セミリタイアもどき。

 

 

 

会社を退職して不労所得のみの生活してみた

 

サラリーマンをしながら貯めた資金を注ぎ込んで不動産投資を始めた。

大都会東京だとわからないけど、札幌のそんなに高額では無い物件で、暮らせるくらいの収入が得られる物件を所有。

贅沢は出来ないけど、それだけでも暮らせるであろうショボイ物件w

 

当時は脱社畜を目的としていたワケでもなく、サラリーマンを続けながら別で収入が得られれば良いかなって軽い気持ちで手を出したんやけどね。

 

 

会社を辞めたった

 

会社員としては、下積みってのかな?

どこも同じやと思うけど、各地を転勤しながら徐々に役職の階段を登る感じ。

ごく一般的なサラリーマンのパターン。

 

サラリーマン歴は割と長い。

ええおっさんや。

会社からも役職を与えられて、若い頃のような会社への不満は減ってた気もする。

逆に不満を与える側になってた感じもあるんやけど、仕事に飽きたと言うか、少しばかり自由に憧れて退職しちゃった。

 

因みに上司との衝突とか、部下との板挟みとか、サラリーマンあるあるみたいな事は人並みにあったけど、それは辞める直接の原因じゃ無い。

 

 

 

 

セミリタイアの暮らしは・・・

 

会社を辞めた直後は、時間が持て余すくらいあって、暇な時にインターネッツでブログを読んでたんだけど、思ってた以上に脱社畜路線が多くてビックリ。

失敗談なんてのもあって、事業に失敗とか重たい内容も見かけた。

 

んで、会社辞めるとさ、最初のうちはウキウキなんよ。

明日何しようか?とか考えるワケ。

なんなら明日以降ずっと予定は未定みたいな。

 

でも、そんなの頑張っても最初の1年やった。

あちこち出歩いて飲み食いしたり、趣味に没頭したりで過ごしてたけど、思った以上に時間がある。

 

それに仕事と違って明確な目標が無いから、ダラダラ過ごしがち。

やがて、家族からも冷たい視線を感じ始めるんだコレが。

何してんだコイツってね。

めっちゃアウェー。

会社より居心地が悪いw

 

普段のコミュニケーションも家族としか無い。

なんなら家族とも無かったり。

部屋に篭ってブログ読んでるだけの日もあった。

 

 

 

 

出戻り社畜の始まり

 

それで、知り合いから頼まれる仕事を手伝う事もあったんやけど、会社員へ戻る事は考えず、3年半も過ごしてしもた・・・。

 

 

帰ってきたサラリーマン!

 

サラリーマンに戻ったきっかけは、知人の仕事を手伝ってる時に、どうせなら知人じゃなくて関係ない所の仕事にも携わってみたいと思ったコト。

そこで早速、求人探して応募したら即採用。

 

これまで積み上げてきた経験を最大限に活かすなら以前と同じ業界、同じ業種が最適なんやろけど、敢えて全くの異業種に飛び込んだった。

 

そこそこ名の知れた企業にいた事もあって、これまでのマネジメント経験などが期待されたのかもしれんけど、期待はずれかもしれない。

 

スマン(´・ω・`)

 

 

更に、実際3年半のブランクはデカイ

当時とは環境もやり方も全く違ってる。

 

まさに浦島太郎な気分を味わうことになった。

 

 

働き易くなった?

 

再就職先もそこそこ有名な一部上場企業。

だからなのか、それとも時代の流れなのか、働き方改革が進行中で以前の職場よりも働きやすい環境が整ってる。

残業アカン有休取得せよ!って感じ。

 

ハラスメントに関しても相談窓口があるから、何かあれば報告すれば良い。

飲み会だって強制参加は無い。

飲みたい人たちが集まって勝手に飲みに行くだけ。

 

会議では実現するかしないかは別として言いたいことも言える。

無理難題を押し付けられるようなことも今のところ無い。

 

あれ? 会社ってこんなんだっけ???

 

って思ったくらい。

 

 

どちらが良いのか?

 

自分のしたい事があって、フリーランスとして生計が立つなら、脱社畜は間違いじゃないと思う。

でもその事業が大きくなった時は、社畜を雇用する事になるというのもお忘れなく。

 

成功者から学ぶことも多いんやろうけど、脱社畜で事業を始めるとしても、成功へのルートは皆が同じとは限らないし、他がやってない事をするのが成功への近道やん?

だから誰かの真似をしても遅いと思う。

 

なんでも成功する人は、やっぱり凄いね。

 

サラリーマンは、サラリーマンで、仕事で経験した事って役立つと思う。

組織で培ったリーダシップとかも強みになるよね。

経験しておいても悪くは無いと思う。

 

目標を持つのは良いことやし、目標が無いと失敗するという事を学んだ3年半。

個人的にはサラリーマンが合ってるんだろうな。

安定・不安定で考えると、安定なんて無い気もするけど、まだリスクは少ないし。

人が集まってチームワークで同じ目標に向かってるのも楽しい。

「社畜=悪」では無いよね。

 

最終的には、自分次第やと思うけど、後悔しない事が1番やろね。

 

 

まとめ

 

脱社畜に失敗した敗因はわかってる。

自由になった時間を有効活用できなかった事。

不労所得ってのがアカンかったんかなぁ?

何か目的を持って事業を始めるって気にはならなかった。

 

不動産収入も永遠では無いので、老朽化が進めば売却する日が来ると思う。

その時に新しい物件を探すか終了するかは決めてないけど、今のところはサラリーマンとしての収入と不動産収入で食ってる状態。

 

だから脱社畜には拘ってない。

失敗して再スタートはゼロからも同然なんやけど、不思議と後悔もしてない。

せやから、社畜で頑張るわ!

 

おしまい。