ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

コスパで選んだフルサイズNIKON D750の使用感など

f:id:FascistRed:20190413210855j:plain

 

発売から時間が経ってる機種だけど、価格も手頃でコスパの高い一眼レフ。

それがNIKONのD750というカメラ。

35mmフルサイズセンサー搭載のエントリーモデルで初心者も安心できるカメラ。

フルサイズセンサー搭載機にしては価格が安い。

そんなD750をかなり使い込んだので、ちょろっとレビューっぽい記事を。

 

 

NIKON D750の特徴

f:id:FascistRed:20190413215313j:plain

 

ニコンのラインナップの中ではエントリーモデルの一眼レフ。

エントリーモデルとはいえ、35mmフルサイズセンサーを搭載したモデル。

オートフォーカスなどカメラ的な部分は上位モデルと差がつけられてるけど、画質に関しては上位モデルにも劣らない描写性能を持っている。

 

 

特徴1 35mmフルサイズセンサー搭載

 

一般的に各カメラメーカーが販売している一眼レフの多くは、APS-Cサイズのセンサーを搭載し、レンズも専用だったりする。

 

上位モデルには35mmフルサイズセンサーを搭載する機種もあるけど価格が高い事や大きく重いのが一般的。

 

ところが、このD750ってカメラは価格が安くなっててお買い得なカメラ。

 

正直、初心者なら画質に関する不満は殆ど感じ無いんじゃ無いかと思う。

 

APS-Cやマイクロフォーサーズ、コンデジやスマホに慣れきっていると重さには不満を感じてしまうかもしれないけど。

 

フルサイズセンサーはソニー製らしく、それをニコンが味付けをする感じの画像処理で、最終的にアウトプットされる画像は素晴らしい。

フルサイズ機を所有しているって変な満足感がある。

 

やはり、高感度耐性もAPS-Cに比べて高く、夜景などには強い。

風景を撮影する事が多い場合は、かなり重宝すると思う。

 

 

特徴2 モノコックボディを採用

f:id:FascistRed:20190413215211j:plain

 

これまでの一眼レフよりもボディの厚みが薄くなった。

だからと言って握りづらいワケでもなく逆に握りやすい感じ。

薄くなった分、少し小型軽量化されたみたい。

 

それでも最近流行りのミラーレスには遠く及ばないけどね。

ミラーレスも良いけど、普通のデジタル一眼レフも味があるよね。

但しフルサイズセンサー用のレンズはデカくて重たいものばかり。

だからモノコックボディになってもレンズを装着すると結局重たいという・・。

 

まぁ、スリムになったボディの方が良い感じなんだけどね。

 

 

特徴3 背面チルト液晶

f:id:FascistRed:20190413215235j:plain

 

背面の液晶モニターはチルト式。

上下のアングルを変えて撮影が出来るのは結構便利。

バリアングル液晶と好みが分かれるところだけど、個人的にはどっちでも良い。

 

このチルト式を利用してライブビュー撮影をする事が時々あった。

人の多い観光名所やイベントで、カメラを持ち上げて液晶モニターを確認しながら撮影するって事を度々してた。

 

VR(ニコンの手ぶれ補正機構)搭載のレンズなら結構いける。

 

 

特徴4 視野率100%の光学ファインダー搭載

 

一眼レフカメラではファインダーを覗いて撮影するからファインダーって大事。

最近流行りのミラーレスなんかは電子ビューファインダーで、見たまんまが撮影結果になるから露出とか設定しやすいけど、D750のような一眼レフは光学ファインダー。

 

ファインダーを覗いた時に見やすいものが1番だと思う。

D750の光学ファインダーは視野率100%なので見える範囲が全て写り込む。

隅々までチェック出来るから風景撮影みたいにじっくり撮るのには向いてる。

 

 

特徴5 VRレンズキットでも比較的安い!

 

NIKON D750にはレンズキットも用意されてる。

24-120mm VRレンズとのキットは安くてお買い得。

しかも、24-120mmは結構良い感じの標準ズームレンズとして常用出来る。

 

個人的には単焦点レンズの方が好きなんだけど、旅行先での風景撮影なんかだと広角や標準ズームが便利だから24-120mm VRはオススメの1本。

F値はF4固定で暗めだけど、よく使う焦点域で望遠側が120mmまであるのが便利。

 

ニコンではAPS-CサイズをDXフォーマット、35mmフルサイズをFXフォーマットと呼んでいて、レンズもそれぞれ専用が用意されているけど、この24-120mm F4 VRは結構評判が良いFX対応レンズ。

 

別々で購入するよりも断然お得に買えるのでレンズキットはオススメ。

 

 

 

D750で撮影してみた

 

f:id:FascistRed:20190413214920j:plain



まずは、テキトーに神戸で撮ってみた。

やっぱり重たく感じる。

長時間の撮影は腕がプルプルしちゃうくらい貧弱なので・・・。

 

f:id:FascistRed:20190413214936j:plain

 

街角スナップ風。

スナップで持ち出すには大きく重いけどね・・。

 

f:id:FascistRed:20190413214953j:plain

 

夜のイルミネーション。

高感度耐性はフルサイズだけあって強い。

明るいレンズが1本あると便利だろうと感じた夜。

 

f:id:FascistRed:20190413215013j:plain

 

 

 

 

 

まとめ

 

発売が数年前のカメラなのでモデルチェンジが噂されてるけど、古さをあまり感じさせない良いカメラだと思う。

 

機能面ではエントリーモデルらしいスペックなんだけど、画質は上位機種と大きく変わらないのでコスパは高い。

 

ミラーレスだとマウント変更もあってアダプターを介して利用出来るけど、そのマウント、ニコンならZマウントで専用のレンズがあるし、将来的な事を考えてボディも検討する必要があるよね。

 

個人的は気軽なお散歩カメラでは無いという印象で、持ち出す機会は激減。

最近は、マイクロフォーサーズよりもコンデジを持ち出してる・・・。

 

D750は画質も良いし、大きく重たいのが我慢出来るならオススメ出来る1台。