ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

ギターのボディ材と指板の好みと音の違い

f:id:FascistRed:20190127173026j:plain

ギターも毎年のように種類が増えて凄いよね。

そんなに売れるんか?って不思議やけど。

何もわからないうちは、色んなタイプの違うギターを買ってたけど、最近は好みも落ち着いて幅広くは使わなくなった。

使わないギターは勿体無いので、使ってくれそうな所へドナドナ。

  

ギターってボディ材とか指板でも種類がある。

もちろんピックアップも種類が豊富やから、組み合わせは相当なバリエーション。

んで、今回注目したんが、ボディ材と指板。

 

 

ギターの主なボディ材

 

最近は、聞いたことの無い木材が使われるギターも登場してきたね。

そんなに普及してへんやろうボディ材は除いて、よく使われる主なボディ材。

 

主なボディ材
  • アルダー
  • マホガニー
  • アッシュ
  • バスウッド

 

この辺りが使われてるギターってホント多いよね。

初心者のうちは、どれがええんやろ?って考えがちやったわ。

どれが良いかじゃ無いねん。

どれが好みの音に近いのか?やねん。

 

 

アルダーの特徴

 

あの超有名ギターブランドのフェンダーがよく使ってるボディ材。

ギター界の超優等生って感じ。

重くもなく軽くもなく、だけど密度はあってしっかりしてる。

加工も難しく無いから変形ギターにも丁度良い。

 

ルックスは、地味な感じで木目も殆ど見えないので塗装はあった方が良さげ。

トップにだけメイプル貼るとかしないと、ゴージャス感は無いね。

 

音質は、よく「枯れた音」と表現される。

ストラトとの相性が良くて、ストラトのシングルコイルならアルダーが良いかな。

中域に粘りがあるバランスの良いサウンドが特徴。

さすが優等生って感じ。

 

 

マホガニーの特徴

 

レスポールに多く採用されてるボディ材。

重量は軽めで、最近ではストラトシェイプのギターでも採用が増えてきた。

でも、本当のマホガニーは3種類だけで、それ以外に代替品マホガニーが存在。

よく聞くアフリカンマホガニーも代替の1つ。

本物のマホガニーは、価格も高いので代替でも良いと思う。

 

マホガニーの音質は、柔らかくて暖かみのあるサウンド。

マホガニーだけだと、低音域と高音域が弱く篭ったような音になり易いからレスポールは、その欠点を補う為にボディトップにメイプルを貼り付けてる。

それでバランスをとってるけど、レスポールの音は好き。

 

 

アッシュの特徴

 

アッシュには更に種類があって、軽いのがスワンプアッシュとかライトアッシュ、重たいのがホワイトアッシュなんて呼ばれてる。

木目が綺麗で、バック材でシースルーな塗装だとカッコイイ。

トップにするならメイプル系の方がゴージャスかな。

加工は簡単じゃ無いらしく、なかなか難しいボディ材。

 

アッシュの音質は、高音域が強くて硬い感じのサウンド。

レスポンス(音の立ち上がり)が早く、アタックも強い。

ハッキリしたメリハリのある感じが好み。

 

 

バスウッドの特徴

 

軽くて柔らかく安価なギターにも多く使われてるボディ材。

安価なギターだけに使われてるんじゃなく、高価なギターでも採用されてる。

柔らかいから加工が簡単らしいけど、自分で追加加工する場合は要注意。

見た目も地味で塗装は塗りつぶしが多い。

 

バスウッドの音質については、特に無いw

特徴が無いのが特徴とか言われるのも理解できる。

その分、ピックアップの音が重要になってくるから好みの音には近づけ易い。

でも柔らかい材質で、傷つき易いのが難点。

 

 

 

ギターの指板について

f:id:FascistRed:20190126192154j:plain


 ギターは、ボディだけじゃなくて指板にも大きな違いがある。

このボディ材と指板の組み合わせでも音には違いが出るから好みが分かれるよね。

 

指板の主な種類

メイプル

ローズウッド

エボニー

 

それぞれ特徴があるけど、ボディ材とのバランスで音も変化する。

市販のギターによっては、好みで選べなかったりで希望の仕様が無い事も多い。

 

 

メイプル指板 

 

普通に木の色をした感じの指板で、殆どの場合で表面が塗装されてる。

音質は、高音域が強くアタック感もあり、音の立ち上がりも早い。

ストラトタイプでの採用が多く、メイプル指板を好む人も多い。

 

長く使っていると変色してくるので、味があるという人と汚いという人がいる。

まぁ、好みの問題やけど結構好きな指板。

 

 

ローズウッド指板

 

かなり多くのギターが採用してる指板。

柔らかい感じでソフトな音質が特徴。

茶色がかった感じの見た目で凝ったインレイのギターもある。

かなりメジャーな指板なので、採用してるギターも豊富。

 

ローズウッドの中でも最高級のハカランダを採用する高級ギターもあるくらい。

湿気に弱いので、メンテをしっかりする必要がある。

 

 

エボニー指板

 

漆黒のルックスで高級感漂うエボニー指板。

価格が高価ながら、バランスの良いサウンドが得られるのが特徴。

音の立ち上がりもかなり早い。

見た目もワイルドでカッコイイので人気の指板。

ただ高い。

 

欲しい人が買えば良いんだと言い聞かせてる。

 

 

まとめ

 

個人的な好みは、マホガニーとローズウッド指板、アッシュとメイプル指板。

この組み合わせが結構好き。

だから、レスポールとファシストを使う機会が多い。

 

自分の好みがわかれば、ギター購入の時も仕様が近いものを選べば近道。

そこにピックアップとかフロイドローズが加わって最終的にモデルが決まる。

自分好みのギターが市販品で無ければ、オーダーするのも良いね。

ギター選びは色んな要素があるけど、材質で選ぶのも面白いと思う。