ファ氏ログ

  🎸ファ氏の雑記ブログ 🎸

Amazonアソシエイトの審査を落ちずに通過!

f:id:FascistRed:20190127172156j:plain

はてなブログProって事もあって、Amazonアソシエイトに申し込んだ。

申し込み自体は簡単やったけど、審査があって合格しないとあかんらしい。

記事を書いてると紹介したいモノって出てくるんやけど、商品をリンクして紹介するのに審査を通過すんのが第一歩ってワケ。

 

しかも審査は、Googleアドセンスより厳しいとか。

 

マヂデ━Σ(゚Д。ノ)ノ━!!?

 

んで、やってみた。

 

 

 

Amazonアソシエイトが使えるようになるまで

 

まずは、Amazonでアカウントが必要になる。

調べてみると、購入履歴があるアカウントで申請すると通過しやすいとか。

日頃からAmazonって利用するやん?

だからそこは、問題ないかなと購入履歴のあるアカウントで申請した。

 

 

Amazonアソシエイトの登録

 

Amazonの商品を紹介する方法としては、Amazonアソシエイト以外にも「もしもアフィリエイト」に登録して紹介する方法がある。

「もしもアフィリエイト」だと、楽天アフィリエイトも使える。

 

Amazonアソシエイトの場合、5,000円以上からの支払いになるから「もしもアフィリエイト」を使う人も多いみたい。

報酬とか振込手数料とかの対応も変動するし、どっちがええのかは、意見も分かれてて好きな方でやれば良いと思う。

 

敢えてAmazonアソシエイトに申請したんで登録について。

Amazonアソシエイトの登録ページを開いてサインイン。

この時に購入履歴のあるアカウントでサインインした。

 

後は、画面に表示される項目を入力していくだけ。

サイトのURLとか簡単な紹介とか。

途中で本人確認があるけどスマホで確認出来た。

簡単。

 

最後に支払い方法ってのを入力したら、後は審査の結果を待つだけ。

審査も数分から数時間で結果のメールが届くという迅速な対応。

 

 

Amazonアソシエイトの審査について

 

明確な判断基準は定かじゃない。

これはアドセンスと同様で公表されてない。

ただ、「提携できないよ」って基準は審査に通らなかった人たちに届いたメールで公表されてるみたい。

 

1. Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
2. お申し込みのURLに入力誤りがあるのでサイトを確認できない、または他者(社)が運営するWebサイトやURLでのお申し込みの場合
3. Webサイトに閲覧規制がなされており、内容を拝見できない、または閲覧規制をかけているコンテンツを含むWebサイトでお申込みのため審査が行えない場合
4. お申し込みフォームにご登録の住所、氏名、電話番号が正しくない場合
5. Webサイトのドメイン名の中に、「amazon」「javari」「kindle」やその変形、またはスペルミスを含んでいる場合
6. 知的財産権を侵害している場合
7. 露骨な性描写がある場合
8. 未成年の方のお申し込み

 

まずは、これをクリアしてるかが重要。

ここに該当するようであれば、改善しとかなあかん。

 

審査を通過する為の基準は、合格者たちが書いてるブログも参考になる。

ただ、全部が正しいのかどうかはわからん。

 

( ゚Д゚)ナニカ?

 

このブログの場合、運営から1週間程度で記事数は14だったと思う。

1日あたりのPVは、5とかじゃないかなw

それで通過した。

 

申請するのに調べてみたら、結構情報が沢山出てくる。

よく見かけるのだけをピックアップしてみた。

 

POINT
  • 購入履歴のあるアカウントで申請
  • サイトの紹介はしっかり入力しておく
  • 記事は5記事以上ある状態
  • サイト内に運営者の情報を記載

 

 他にも「広告は外しておく」とか「フリーメールはあかん」とか書いてある情報もあったけど、広告が貼ってあってもフリーメールで申請しても通過した人がいてる。

だからそれらは問題ないと思う。

審査に通過したらメールが届いて、商品リンクが貼れる。

 

どうしても審査が通過できない人は「もしもアフィリエイト」経由だと、審査が少し緩くて通りやすいって情報もある。

もしもアフィリエイト経由だとAmazonのアカウントも不要。

 

 

カエレバを使うと便利

 

Amazonの商品を紹介する方法はいくつかあるんやけど、カエレバっていうのを利用すると簡単なのでオススメ。

カエレバだとAmazon以外の楽天とかも併せて紹介できる。

それと商品の検索も簡単。

 

カエレバ

 

サイトへアクセスしてページ下の方にある情報入力スペースにIDを入力すれば、その入力したアフィリエイトが利用できる。

WordPressを使ってると他にも使えるものがあるみたいやけど、はてなブログだとカエレバが便利やと思う。

 

ちょっと調べれば、CSSでデザインも変更できるし、ブログのデザインに合うような調整くらいなら簡単。

 

IDを登録したらサイトの上の方にある商品キーワードで検索して表示された商品を選んでコードを取得するだけ。

この時に紹介に使いたいアフィリエイト先も選べる。

はてなブログなら取得したコードをHTML編集画面で挿入したい箇所ににコピペ。

後はプレビューで確認するくらい。

 

 

こんな感じ。

 

 

まとめ

 

Amazonアソシエイトへ申請するには、提携できる状態であること。

記事数も5記事以上で、文字数も少なすぎない方が良いと思う。

1記事1,000文字以上ってのが多いかな。

 

普通に記事を書いてたら1,000文字って結構すぐやと思うし、難しくない筈。

この記事でも1,000文字は余裕で越えてるし。

運営者情報とかプライバシーポリシーは有った方が良いと思う。

何度も審査に落ちてる人は、再確認してみて。